エンタメ 広告含む

ハナミズキの歌詞の意味が怖い?!失恋の曲?テロの曲?結婚式でも歌える?(一青窈)

ハナミズキの歌詞の意味

『ハナミズキ』は、一青窈(ひととよう)の大ヒット曲で、その美しいメロディーラインと印象的な歌詞は多くの人々の心を捉えて離しません。

この記事では、この曲がどのようにして2001年の9.11アメリカ同時多発テロ事件にインスパイアされ誕生したのか、その意味と制作秘話を探ります。

難解だとされている詩の解釈もしてみました。あなたの解釈とは同じでしょうか?

一青窈の『ハナミズキ』とは?

『ハナミズキ』の歌詞

この歌詞の解釈は非常に難しく、多くの人がさまざまな見解を述べています。

空を押し上げて 手を伸ばす君 五月のこと
どうか来てほしい 水際まで来てほしい
つぼみをあげよう 庭のハナミズキ

薄紅色の可愛い君のね 果てない夢がちゃんと
終わりますように 君と好きな人が
百年続きますように

夏は暑過ぎて 僕から気持ちは重すぎて
一緒にわたるには きっと船が沈んじゃう
どうぞゆきなさい お先にゆきなさい

僕の我慢がいつか実を結び 果てない波がちゃんと
止まりますように 君と好きな人が
百年続きますように

ひらり蝶々を 追いかけて白い帆を揚げて
母の日になれば ミズキの葉 贈ってください
待たなくてもいいよ 知らなくてもいいよ

薄紅色の可愛い君のね 果てない夢がちゃんと
終わりますように 君と好きな人が
百年続きますように

僕の我慢がいつか実を結び 果てない波がちゃんと
止まりますように 君と好きな人が
百年続きますように

君と好きな人が
百年続きますように

(作詞:一青窈. 作曲:マシコタツロウ)

一青窈の「ハナミズキ」は、2004年2月11日にリリースされました。

この曲は2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件を受けて書かれたもので、当初は「テロ」「散弾銃」といった言葉が含まれていましたが、最終的には「君と好きな人が百年続きますように」という優しい言葉にたどり着きました。

PVでは手話が取り入れられ、多くの人々に感動を与えています。

また、ハナミズキの花は、2004年アテネ五輪女子マラソン金メダリスト野口みずきの名前の由来であり、この『ハナミズキ』の曲は金メダルソングとしても話題になりました。

オリコンランキングで長期間チャートインし、カラオケでも平成における一番歌われた人気の曲となっています。

ハナミズキの花言葉

ハナミズキの花言葉は、「返礼」「永続性」、「想いを受け取ってください」です。

「返礼」という花言葉は、1915年、日本からアメリカに贈った桜の返礼として、アメリカから「ハナミズキ」の苗木が届き、日本でも人気の花となったことに由来します。

ちなみに、ハナミズキの花に見える部分は、正確には花ではなく、総苞片(そうぼうべん)という葉っぱになります。

ハナミズキの曲に登場する花の色は、おそらく薄紅色のようですが、色ごとの花言葉はとくにないようです。

『ハナミズキ』の歌詞を怖いと感じる人がいる理由は?

『ハナミズキ』の歌詞を怖いと感じる人もいるようですが、主に以下の点に起因すると考えられます。

  1. 歌詞の抽象性と多様な解釈: 『ハナミズキ』の歌詞は抽象的で、多くの解釈が可能です。この曖昧さが、一部のリスナーにとって不安や恐怖を感じさせる要因になることがあります。特に、死や別れを連想させるフレーズが含まれているため、聞く人によっては暗いイメージや悲しみを感じることがあります。
  2. 9.11テロ事件との関連: この曲が9.11のテロ事件にインスパイアされたという背景は、聞く人によっては重苦しい感情や恐怖を引き起こす可能性があります。特に、大きな悲劇を連想させる内容は、一部のリスナーにとって恐怖を感じさせる要因になり得ます。
  3. 歌詞の中の暗示的な表現: 「水際まで来てほしい」や「一緒に渡るにはきっと船が沈んじゃう」といった表現は、死や永遠の別れを暗示していると解釈されることがあります。これらの表現が、一部のリスナーにとっては不気味や怖いと感じられることがあるよです。

『ハナミズキ』は失恋や片思いの曲にも受け取れる

『ハナミズキ』は911のテロを受けて作られた楽曲ですが、歌詞だけを見ると失恋や片思いの曲にも見えますね。

五月の情景と切ない願い

  • 五月の情景: 詩の始まりは五月、新緑が美しい季節です。詩の主人公の「僕」は、空に向かって手を伸ばす「君」を見ています。
  • 切ない願い: 「どうか来てほしい」という言葉には、深い憧れと切なさが込められています。僕は、愛する人と近づきたいが、何らかの理由でそれが叶わない状況を表しているのでしょう。

愛の象徴としての『ハナミズキ』

  • ハナミズキの花: ハナミズキの花は、「自分の想いを受け取ってください」という花言葉を持つ美しく儚い愛の象徴です。詩の中でハナミズキの花を贈ることは、愛情の表現として描かれています。
  • 願い: 「君と好きな人が百年続きますように」という繰り返されるフレーズは、愛する人の幸せを願う心を表しています。自分の恋が叶わなくても、愛する人の幸せを願う姿勢が感じられます。

夏の情景と葛藤

  • 夏の暑さ: 夏の暑さは、僕の強い感情を象徴しているかもしれません。しかし、その感情は重く、愛する人との距離を生んでしまう原因になっているようです。
  • 我慢と願い: 僕は自分の感情を何とか抑え、愛する人の幸せを願っています。これは、自己犠牲と無償の愛を表していると考えられます。

一青窈が語った『ハナミズキ』の制作秘話

一青窈がNHKの音楽番組「SONGS」で語ったところによると、彼女は普段からスクラップブックに思いついたことや日常をメモし、良いフレーズが見つかればパソコンに保存しています。

『ハナミズキ』の歌詞は、泣きながら真夜中に短時間で書かれました。

この曲は2001年のアメリカ同時多発テロ事件にショックを受けた一青窈が、作曲者マシコタツロウと共に感情を込めて制作されました。

一青はスケッチブックに書いた歌詞をメロディーに合わせて完成させ、その歌詞には「果てない夢がちゃんと終わりますように」というフレーズが含まれています。

「叶う」でなく「終わる」と表現したことについては、夢は「叶う」と次の夢が作られてしまうので、(君の)夢は全部叶い尽くして「終わる」という状態になってほしいことを表現したそうです。

最初は「テロ」や「散弾銃」といったダイレクトに戦争を想像させるフレーズが含まれていたそうですが、最終的には「NO WAR」という言葉すら使わず、平和への願いを表現したかったようです。

『ハナミズキ』の歌詞の意味は?「僕」は誰で、「君」は誰?

『ハナミズキ』に登場する「僕」と「君」がけどちらも生存している人物だと考えた場合、やはり「僕」の失恋ソングや片思いソングを想定してしまいます。

という理由から、一青窈さんには大変申し訳ないのですが、「独自解釈」として、「僕」もしくは「君」のどちらかが天国にいると仮定して解釈してみたいと思います。

仮説1「僕=天国にいる父親 ・君=生存している娘」として解釈

歌詞の中で「僕(父親)」は、天国から「君(娘)」を見守り、彼女の幸せを願っています。

「君と好きな人が百年続きますように」というフレーズは、娘の人生が幸せで満たされることを願う父親の深い愛情を表しています。

仮説2「僕=生存している父親 ・君=天国にいる娘」として解釈

父親は娘の死を悼み、彼女が天国で平和に暮らしていることを願っています。

歌詞は、失われた娘への深い悲しみと、彼女の魂が安らかであることを願う父親の心情を反映しています。

仮説3「僕=生存している彼氏 ・君=天国にいる彼女」として解釈

僕は彼女を思い出し、彼女の死を乗り越えて前に進む決意を表現しています。

「君と好きな人が百年続きますように」というフレーズは、彼女の魂が永遠に幸せであることを願う彼氏の深い愛を示しています。

仮説4「僕=天国にいる彼氏 ・君=生存している彼女」として解釈

歌詞の中で僕は、彼女の幸せを天国から見守り、彼女が新しい人生を歩むことを願っています。

「君と好きな人が百年続きますように」というフレーズは、彼女が新たな愛を見つけ、幸せな人生を送ることを願う彼氏の無償の愛を表しています。

Ruby
Ruby
私は仮説1が一番しっくりくると感じるのですが、いかがでしょうか?

「ハナミズキ」の歌詞を、天国にいる父親から愛する娘に贈るメッセージソングとして解釈してみた

  • 序章: 「空を押し上げて 手を伸ばす君 五月のこと」は、父親が天国から娘を見守っている様子を描写しています。娘が空に手を伸ばす姿は、父親への思いを象徴しているようです。
  • 娘への願い: 「薄紅色の可愛い君のね 果てない夢がちゃんと終わりますように」の部分では、父親が娘の夢が叶うこと、すなわち彼女の幸せな人生を願っています。ここでの「終わる」とは、夢が完結し、満足のいく結果に至ることを意味していると考えられます。
  • 父親の思い: 「夏は暑過ぎて 僕から気持ちは重すぎて」の部分は、父親の愛情が重く、娘に負担をかけたくないという思いを表しています。「どうぞゆきなさい お先にゆきなさい」という言葉は、娘が自由に生きていくことを願い、自分のことは心配しないようにというメッセージです。
  • 平和への願い: 「僕の我慢がいつか実を結び 果てない波がちゃんと止まりますように」という部分は、父親がテロや戦争のような悲劇が終わり、世界が平和になることを願っていることを示しています。
  • 母の日のメッセージ: 「母の日になれば ミズキの葉、贈って下さい」というフレーズは、娘に母親を大切にするようにという父親の願いを表しています。ミズキの葉(ハナミズキの花に見える部分は、実際は葉)を贈る行為は、家族への愛と敬意を示す象徴です。

歌詞全体が天国にいる父親の娘への深い愛情と願い、そして彼女の幸せな未来への祈りを表現しているとも考えられます。

父親は天国から娘を見守り、彼女が幸せな人生を送ることを願っているようです。

「僕」をテロリスト、「君」をその恋人と解釈する人も!

作詞者の意図とは異なる可能性が高いと思いますが、テロリストにも彼らなりの正義や理念があると思われます。もちろん、テロは憎むべき行為ですが。

「僕」をテロリスト、「君」をその恋人とする解釈は、非常に個性的であり、音楽や芸術作品の解釈の多様性を示していますね。

音楽はリスナーの個人的な経験や感情によって異なる意味を持つことができるため、様々な解釈が存在するのは自然なことでしょう。

『ハナミズキ』を結婚式で歌うのはあり?

この曲は、愛や別れ、未来への願いをテーマにした感動的な歌詞と美しいメロディで知られています。

多くの人にとっては、愛情や希望を象徴する曲として結婚式にふさわしいと感じられるかもしれません。

しかし、この曲が9.11のテロ事件にインスパイアされたこと、そして別れも感じさせるテーマであることを考慮すると、結婚式という喜びと祝福の場には必ずしも適していないと感じる人もいるでしょう。

とくに男性が、女友だちの結婚式に呼ばれた場合、幼馴染みでもない限りは、この曲を歌うことで、新郎側に2人の関係を邪推する人が出てくるかもしれません。

Ruby
Ruby
すでに誰かの結婚式で歌った人はとくに気にしなくてもOK!これから歌うかどうか迷っている人は他の曲を選んだ方がいいかもしれませんね。

一青窈の『ハナミズキ』の歌詞にまつわるQ&A

Q1: 『ハナミズキ』の歌詞にはどのような意味が込められていますか?

A1: 「ハナミズキ」の歌詞は、一青窈さんが9.11テロ事件にインスパイアされ、失われた愛や別れ、そして未来への希望という深いテーマを扱っています。特に「君と好きな人が百年続きますように」というフレーズは、永続する愛と平和への願いを象徴しています。

Q1: 『ハナミズキ』の歌詞に登場する「僕」と「君」は、どのような関係を示していますか?

A1: 「ハナミズキ」の「僕」と「君」は、さまざまな解釈が可能ですが、私は亡くなった父親(僕)と生きている娘(君)、または死別した恋人同士と解釈します。これらは、曲の背景にある喪失感と深い愛情を感じるからです。

『ハナミズキ』の歌詞の意味は、さまざまな解釈が可能

ハナミズキの歌詞の意味はさまざまな解釈が可能

「ハナミズキ」の背景にある物語を探ることで、この曲が単なる美しいメロディ以上のものであることが明らかになりましたね。

9.11テロ事件にインスパイアされた歌詞は、喪失と希望、愛と別れの複雑な感情を表現しており、一青窈の繊細な感性と深い洞察力が光っています。

この曲の制作秘話を知ることで、リスナーは「ハナミズキ」をより深く理解し、その美しさを新たな視点から感じることができるでしょう。